toggle
建築資材 製造販売メーカー 日中製作所
file_upload

企業情報

ご挨拶

当社は、昭和22年1月に中村製作所として大阪市内に発足したのが始まりで、昭和30年12月に(株)日中製作所に改組し翌年に東大阪市に移転、昭和39年に現在の柏原市に移りました。創業当時は建築金物の中の真鍮製南京錠の製造が主体でその後各種錠前の製造を手がけました。昭和47年4月には初めてカーテンレールC型を発売し、各種カーテンレールの開発、販売を進めてまいりました。当社のブランドはAGE、COWをはじめ、 BIM、GIA、SEPA等様々なブランドを展開しております。そのすべてのブランドにおいて当社の社是「昨日より今日は、良い品をより安く安全と規律を友として」の物づくりの考え方を製品すべてに反映させております。自分たちが良いと思っている製品でもお客さまに認めてもらえなければ意味がありません。常に使われる人の目線、立場に立って物づくりを進めて行くことが社会から求められる企業になるための一歩だと考えています。激変する社会情勢、日々進化を遂げるイノベーション、地球温暖化現象、資源の枯渇、環境問題等多くの課題が山積みする今日において、今の時代に適応し、社会に貢献できる企業を目指していきたいと考えます。今後とも皆様の御愛顧、御鞭撻を心からお願い申上げます。

社長画像
代表取締役

概要

社名 株式会社 日中製作所
本社住所 〒582-0018 大阪府柏原市大県4丁目18番1号
電話 072-972-1681(代表)
FAX 072-972-5201
創業 昭和22年1月
設立 昭和30年12月
資本金 48,000,000円
決算月 10月末日
事業内容 住宅建築金物の製造・販売
役員 代表取締役社長 中村 達男
取締役     中村 裕一
取締役     中村 千津子
取締役     辻野 佳子
取締役     石田 英里子
監査役     杉田 美代子
従業員 132名
営業拠点 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
生産拠点 大阪、茨城、海外
認可・認証 国土交通大臣許可 板金工事業(般-26)第23085号
国土交通大臣許可 内装仕上工事業(般-26)第23085号
日本工業規格JIS認定 表示許可工場(本社工場)
大阪府経営合理化協会 経営合理化優良企業認定
ISO9001認証取得(技術開発部、ロック生産部)
環境経営システム エコステージ ステージⅢ認証取得
ISOその他
取引金融機関 三菱東京UFJ銀行 、三井住友銀行 、みずほ銀行、
関西アーバン銀行、日本政策金融公庫
本社倉庫
本社社屋

 

 

組織図

事業所一覧

■本社 〒582-0018 大阪府柏原市大県4丁目18番1号
TEL 072-972-1681 FAX 072-972-5201
大阪本社
・総務部 TEL 072-971-8753 FAX 072-971-4679
・電算室 TEL 072-971-8754 FAX 072-971-4679
・技術開発部 TEL 072-971-7822 FAX 072-972-6397
・ロック生産部 TEL 072-971-7920 FAX 072-973-2519
・ロック営業部 TEL 072-971-8751 FAX 072-973-2519
・レール生産部 TEL 072-971-7756 FAX 072-971-0111
・レール営業部 TEL 072-972-1681 FAX 072-972-5201
・海外部 TEL 072-971-7822 FAX 072-972-6397
・品質管理部 TEL 072-971-7920 FAX 072-973-2519
■本社工場 〒582-0018 大阪府柏原市大県4丁目18番1号
TEL 072-971-7756 FAX 072-971-0111
■札幌営業所 〒065-0010 札幌市東区北10条東17丁目1番8号
TEL 011-741-6291 FAX 011-741-6293
札幌支店
■東京支店 〒123-0862 東京都足立区皿沼2丁目1番15号
TEL 03-3853-5933 FAX 03-3855-2881
東京支店
■名古屋支店 〒453-0851 名古屋市中村区畑江通2丁目27
TEL 052-461-3166 FAX 052-482-1966
名古屋支店
■大阪支店 〒582-0018 大阪府柏原市大県4丁目18番1号
TEL 072-972-1681 FAX 072-971-5320
大阪本社
■福岡支店 〒812-0863 福岡市博多区金の隈1丁目32番1号
TEL 092-504-4801 FAX 092-504-4281
福岡支店

会社の沿革

昭和22年 1月 中村製作所として大阪市内にて発足。
シリンダー南京錠を主体として製造開始。
昭和30年 12月 事業拡大の為、資本金100万円に増資。
株式会社日中製作所に組織変更する。
昭和31年 11月 事業進展の為、東大阪市に本社工場を移転。
昭和32年 1月 資本金200万円に増資。
昭和32年 8月 第1次企業診断勧告に基づきコンベアーその他設備を購入
昭和36年 3月 資本金300万円に増資。
昭和36年 10月 組立工場、男子従業員宿舎を増築。
昭和37年 1月 資本金390万円に増資
昭和37年 5月 設備合理化計画第2期工事着手、治工具用高速旋盤、
万能フライス盤、平面研削盤、測定装置、自動旋盤
を購入設置。品質向上と大ロット生産体制に入る。
昭和37年 8月 資本金600万円に増資
昭和37年 9月 第2次企業診断勧告に基づき、人員計画を樹立、従業員食堂及び更衣室、治工具工場を増改築し、竪フライス盤、自動旋盤を設置。
昭和37年 11月 第3次企業診断勧告に基づき、職制改革、女子従業員宿舎を新設する。
昭和38年 9月 資本金1,200万円に増資
昭和38年 12月 新工場建設の為、大阪府柏原市大県に約3,400平方mの用地を買収。
昭和39年 3月 新工場建設に着手。
昭和39年 9月 資本金1,800万円に増資。
昭和39年 12月 大阪府柏原市へ新工場及び社員寮の移転完了。約300名の従業員で操業開始。
柏原工場
昭和41年 5月 ダイカスト工場建設に着手。新製品開発に主力を注ぐ。
昭和41年 7月 第2工場落成。
昭和42年 1月 第2次生産5ケ年計画成る。
昭和42年 5月 新鋭自動パワープレス機1台。その他プレス機10台
自動盤、金型加工用機械、ベルトコンベアー等16台
ダイカストマシン2基増設。
昭和42年 12月 資本金2,160万円に増資。
昭和43年 3月 女子寮、移転完了。
昭和43年 5月 資本金3,000万円に増資。
昭和43年 12月 資本金3,516万円に増資。
昭和44年 8月 100%出資会社(株)トウブヒナカ(資本金1,000万円)設立。
茨城県に工場建設。
昭和44年 11月 東京都墨田区に東京営業所を開設。
昭和44年 当時 赤のラインが施された当時の社用車。
後部座席にはサンプルが陳列されており、ショーウィンドウになっていた。社用車
昭和45年 4月 トウブヒナカ工場竣工。
昭和45年 6月 トランスファープレス1台布施工場に設置。
昭和45年 8月 ダイニングマシン2台本社第1工場に設置。
昭和46年 5月 新工場落成。新規建築金物開発に着手。
昭和46年 7月 防犯クレセントロック大阪防犯連合協議会登録第141号。
防犯クレセントロック全国防犯協会連合会推薦第106号
昭和46年 9月 第3工場柏原市に移転。機械工場、組立工場を設置。南京錠広告南京錠納入品
昭和46年 10月 新工場内にカーテンレール工場新設。
ホーミングロール及び パンチングマシン1号機ワンライン設置。
昭和47年 4月 COWブランドc型カーテンレールを発売。
昭和47年 5月 ホーミングロール及びパンチングマシン2号機ワンライン設置。
昭和47年 9月 COWブランド角型カーテンレールを発売。
昭和48年 12月 東京営業所を東京都足立区に移転。
昭和49年 5月 資本金4,800万円に増資。
昭和49年 8月 福岡市に福岡営業所を開設。
昭和49年 9月 広島市に広島営業所を開設。
昭和50年 12月 名古屋市中村区に名古屋営業所を開設。
昭和52年 10月 本社ビル竣工、創立30周年を迎える。
本社ビル
昭和53年 10月 COWブランド ドアー錠発売。
昭和54年 2月 東京営業所を足立区皿沼に移転、東京支店に昇格。
昭和55年 1月 札幌市に札幌営業所を開設。
昭和55年 9月 本社カーテンレール工場が日本工業規格(JIS)認定工場となる。
昭和57年 11月 インテリア副資材BIMブランド操業開始。
昭和59年 2月 代表者中村一男が(株)日垣本社(現ハイロジック)の代表取締役に就任。
昭和59年 4月 事業合理化計画に基づき新鋭機導入。かぎ山割機、放電加工機、
金型加工マシニングセンター他。
昭和60年 4月 ホットトリミングダイカストマシン導入。
昭和60年 4月 ブラインド発売。
昭和61年 5月 金型工場新設(CAD・CAM・MC・NC導入)。
昭和61年 10月 横浜市に横浜営業所を開設。
平成元年 9月 本社カーテンレール工場及び倉庫増設。
平成2年 4月 横浜営業所を町田市に移転、東京西支店に昇格。
平成3年 6月 福岡支店を博多区金隈に移転、福岡支店に昇格。
平成3年 6月 自動冷間ロール成形機1基導入。
平成4年 5月 ダイカストマシン2基、自動トリミングマシン3基導入。
平成5年 3月 レール自動キャップ組立機2台導入。
平成5年 4月 シュリンク専用機1基、自動冷間ロール成形機1基増設。
平成5年 4月 金型用CAM1台増設。
平成5年 4月 本社カーテンレール倉庫増設。
平成8年 5月 ロック倉庫増設。
平成8年 11月 自動冷間ロール成形機1基導入。
平成9年 1月 会社創立50周年を迎える。
平成10年 10月 カーテンレール倉庫増設。
平成10年 11月 大阪営業所を大阪支店に昇格。
平成11年 1月 キヤス試験機1台導入。
平成11年 2月 万能試験機1台導入。
平成11年 4月 代表者 中村一男が勲5等双光旭日章を受賞。
平成11年 7月 CAD2台増設。
平成13年 2月 デジタルマイクロスコープ導入。
平成15年 1月 ISO 9001認証収得。
平成16年 6月 色差計導入。
平成17年 1月 光沢計導入。
平成17年 2月 3D CAD導入。
平成17年 3月 防音室設置。
平成17年 5月 3D CAD導入。
平成17年 6月 ゴミ圧縮機設置。
平成17年 12月 経営環境システム エコステージⅠ認証取得。
平成18年 1月 中村一男が代表取締役会長に就任。
中村達男が代表取締役社長に就任。
平成18年 5月 恒温水槽試験機導入。
平成18年 11月 真空注型機導入。
平成18年 12月 ファナック製ロボドリル導入。
平成19年 1月 創業60週年を迎える。
平成19年 4月 代表者 中村達男が(社)日本カーテンレール工業会 会長に就任。
平成19年 10月 エコステージⅡ認証取得。
平成23年 2月 エコステージⅢ認証取得。
平成23年 9月 画像測定器導入。
平成24年 12月 ディンプルシリンダー組立機導入。
平成26年 1月 中村一男が代表取締役会長を退任。
平成27年 6月 鍵抜き差し試験機導入。
平成28年 5月 代表者 中村達男が大阪建築金物工業組合 副理事長に就任。
平成29年 1月 創業70周年を迎える。
平成29年 5月 代表者 中村達男が日本建築金物工業組合 副理事長に就任。

社訓・環境品質方針

社 訓 社訓
環境方針 1.基本理念

当社は製造業者の誇りと誠意ある堅実経営をモットーに地球環境の保全、3R〔リデユース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再資源化)〕を効率よく進め無駄のない物づくりをします。

2.環境方針

1)当社は、環境経営システムを継続的に改善し、環境パフォーマンスの向上に努めます。
2)環境法令及び当社が同意する適用可能なその他の要求事項を順守し汚染の防止、環境負荷の低減に努めます。

3.行動指針

1)気候変動防止のため、電力及び燃料節減に努めます。
2)資源の有効活用のため、廃棄物の削減と再資源化を推進します。
3)国際的な環境規則を把握し順守するため、環境に悪影響を与える有害化学物質の代替を積極的に推進し、環境汚染の予防 に努めます。
4)環境及び人にやさしい新技術、新製品を提供するため、開発設計段階から製品環境評価を推進します。
5)省エネルギー、グリーン調達、有害化学物質対策等により生物多様性に影響を与える環境負荷の低減に努めます。
6)地域の環境保全を考慮し、近隣住民との共生を図ります。
7)品質目標に掲げる市場不具合及び工程内不良の削減目標を達成し無駄な廃棄物の発生を抑制します。
8)行動指針(1)から(7)を達成するためにPDCAのサイクルを回し継続的に維持改善活動の見直しに努めます。
9)この方針を要員が理解し、周知徹底できるように充実した環境教育を実施すると共に全要員で環境管理活動を推進します。
10)この方針は 広く一般に公開します。

品質方針 1.品質方針

1)顧客に対して約束を守れる会社にする
品質、納期、精度
2)基本に忠実に物づくりをする現物あわせは絶対にしない、品質は妥協しない全ての構成部品を一から図面と照合する
3)使う人の身になってより良い物づくりを目指す 取り付け、使い勝手、操作性、耐久性、機能性,安心感、手触り
4)綺麗な製品を作る 誰が見ても綺麗な喜ばれる製品を作る

2.品質目標
1)市場不具合(クレーム)の低減(前年比20%減目標)不具合情報を迅速に的確に関係部署に伝達、処理する
不具合発生後の対応を迅速に確実に丁寧に実施する
2)市場不具合(クレーム)に対して徹底した原因究明を行う
不具合発生原因は必ず究明する、対策が確実に実施され、効果が確認出来るまで 品質のPDCAを回していく
3)工程内不良の低減(前年比20%減目標)品質は工程で作り上げる基本を徹底させる(工程別不良の検証)
4)不適合品管理規定の運用の徹底不適合品の管理、是正、予防処置の確実な記録維持
5)CS(顧客満足度)の向上QCDE評価を実施、運用する、顧客からの評価の確認
6)協力工場(国内、海外)への品質管理指導の強化不具合対策の完全履行、監督強化、検査表の添付の徹底、チェック

グループ会社(ヒナカグループ企業)

社名 株式会社 ハイロジック
所在地 ハイロジック〒577-0003
大阪府東大阪市稲田三島町2番65号
TEL: 06-6744-5481
FAX: 06-6744-1372
代表取締役社長 中村 裕一
創業 明治26年8月
資本金 1億8,000万円
従業員 97名
業種 建築金物、住宅金物総合卸売業
支店営業所 札幌・新潟・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
URL http://hilogik.jp
社名 株式会社 トウブヒナカ
所在地 トウブヒナカ〒306-0404
茨城県猿島郡境町長井戸字殿山1615-2
TEL: 0280-87-1011
FAX: 0280-87-1013
代表取締役社長 辻野 佳子
創業 昭和44年8月
資本金 1,000万円
従業員 33名
業種 建築金物製造
社名 株式会社 ダイニヒガキ
所在地 ダイニヒガキ〒577-0003
大阪府東大阪市稲田三島町2番65号
TEL: 06-6744-5676
FAX: 06-6744-5990
代表取締役社長 中村 一男
創業 平成14年10月
資本金 4,000万円
従業員 120名
業種 物流業、電子商取引業